2015年02月25日

中学受験に入る前に親が読む本

中学受験にどうやって望んでいけばいいのか、参考にするために読んだ本で、
良かったと思った本をメモする。

著者
出口汪(大学受験の国語のカリスマ的講師、論理エンジンが有名)
宮本(宮本算数教室の主催者)
松永暢史(男女別の子供の伸ばし方、読書関係の本が有名)
三森ゆりか(グローバルスタンダードの言語技術を日本で実践)
田中貴(中学受験「合格手帳」ちょっと古いので新しくしてほしい)
庄司雅彦(改訂版受験手帳)受験直前6年生の1年間に持っておきたい本となっているが、
4年生ぐらいから、受験にどう取り組むかについていろいろな内容が書かれている。
バラバラ書かれているので読みにくいところもあるが、いつも手元にもっておきたい本)

中学受験先輩ママさんは、どんな本を読んで研究されているのか知りたい。。。
posted by タイガママ at 13:01| 東京 ☁| Comment(0) | sapix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。