2014年07月28日

7月の言語技術教室

論理的な思考力・・・すべての学習、生活の基礎になるので、
ヨーロッパの言語技術教育の研究をされている三森ゆりかさんの主催されている
「つくば言語技術教育研究所」に1年生から通っている。
http://members.jcom.home.ne.jp/lait/index.html

2年生の途中までは、遠いので(東京から1時間30分ほどかかる)ので、
「付添」をしたり、お願いしたりしていたが、2年生の後半から一人で月2回「通学」してもらっている。
低学年にとっては遠いが、いくつかの私学(宮城県と神奈川県)以外、ここでしか授業を受けられないので、
仕方がない。

1,2年生の頃は、再話という授業に驚いた。
再話は、物語を2回読んで、そのまま書き出すという作業。
実際、教員向けの研修を受けさせてもらって、やらせてもらったことがあるが、
「集中力」「物語の形を覚えること」「書く力」「漢字力」など、いろいろなことが身に付く。
授業だけでなく、宿題でも再話。月に1冊本を読んで、そのまま書き出す。
小学1年生から毎月原稿用紙を数枚書き続けていれば、作文などにひるまなくなる。
2年生の後半ぐらいから物語が長くなってきたので、「要約」も学び始めた。
「要約」になると、そのまま覚えるだけでなく、内容の骨の部分と、飾りの部分を読みながら考えて、
骨は何かを考える力が身に付き、短く要約することも、長く要約することも自由自在になってくる。

また、物語の形についても学んでいるようだ。どんなに長い物語でも、物語には定例の型がある。
型を理解しながら、物語を読むと、今、どういう場面なのか、物語の理解度がまったく違ってくるし、
これからどういうことがおこるのか、予測しながら読むことができるようになる。
これが身に付くと、物語だけでなく、いろいろな文章や相手との会話の中で、
相手のいいたいことを早く推測する力になっていくと思うし、
相手に早く正確に理解させる力にもなっていく(わかりやすい説明は物語の形をとることが多い)。
7月は1冊本を読んでいくのが宿題(スーホの馬)。その物語を使って、物語の形を学んだようだ。

自分の意見とその理由をこたえる「問答ゲーム」というものも実践している。
問答ゲームは、ある問いに対して、まず、自分の意見(yesかnoか)と、その理由を答えるゲーム。
我が家では、三森先生の本を参考に年長ぐらいから時々やっており、
「理由を示して答える」ことが、少しずつできるようになっている。
英語で言うと、「I think (意見).Because・・・」という型が自然と出来上がっている。
「考え方の基礎は母語(日本語)でいい」というのが三森先生の考え方。しかし、型を覚えていくうちに、
日本語も英語も型は同じということに気づかされる。

ヨーロッパのまねをしてほしい訳ではなく、世界の上層部の国々が共通して学んでいる教育の基礎
(言語技術)を日本の普通教育の中で学ばせることが、日本のグローバル化につながると思うのだが、
そういう話を聞いたことがないので、家庭で少しずつやるしかない。。。
posted by タイガママ at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | 言語技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

本・読書について ブックスタートから一人で読めるようになるまで

最近は、子供が生まれると、自治体や地域の図書館から「ブックスタート」という形で本の読み聞かせについて教えてくれるシステムが定着しつつあるようだ。

文京区では、3ヶ月検診の待ち合わせ場所で、赤ちゃん向けの本と図書館の案内が入ったブックスタートセットを配ってくれた。その場で3ヶ月でまだ首も座らない赤ちゃんたちが、「なんだろう」と見つめている姿が印象的で、(帰ったら早速読み聞かせしよう!)と思いました。

ということで、本のスタートは3ヶ月。
図書館から赤ちゃん向けの本を借りてきて、読み聞かせ。
一番食いついたのが、ミッフィーの本。絵がはっきりしているからか、開くたびに喜んでくれた。
そこで、ミッフィーの本はいろいろ購入。一番気に入ったのは「きいろいことり」。なぜか、「ぶた」さんの絵のところで、必ずぶたにチューをする。おっぱいと間違っていたのかなと思う。

1歳になる頃から、車(特に働く車)に興味を持つようになった。
また、この頃から、親として教育をどうしていくかの本として、プレジデントファミリーや日経kidsなど教育雑誌からはじまり、紹介されている七田眞、北川達夫などなどの教育本を親が読み、
紹介されている絵本を片っ端から図書館で借りてきて読み聞かせ。

だんだんと読むべき本について悩みが出てくる。

次にどんな本を選べばいいか、長すぎてもよみづらいし、中身が無いものも読ませたくない。
そこで、北川達夫さんの「親子で書こう!100さつ読書日記」を購入。
図書館や本にまつわる仕事の方が選んだ100冊の表紙がそのままシールになっていて、その本を読んだら、表紙のシールを張り、日付と作者と本名、感想をかけるようになっている。
分野も幅広く、自分だったら決して借りようと思わなかったような本も読んで見ると、意外とよかったりして、幅が広がった。
そこから好きになった本も多い。

黒川みつひろさんの「トリケラトプス」シリーズ
香川元太郎さんの「迷路」シリーズ(本というより迷路ですが、ストーリー性もあります)
ゴムドリCoさんの「サバイバル」シリーズや「勝ち抜き科学実験」シリーズなど、はまると、全巻制覇していく。
本とは言えないが、小学館の図鑑NEOのクラフトぶっくシリーズで、点線を切り離して立体的な「りったい的な恐竜や昆虫、花など」を組み立てる本もお気に入り。誕生祝いやクリスマスプレゼント、進学祝いの度に購入し、家の中が作品でいっぱい。
IMG_20140403_210825.jpg
トイレに飾っている、小学舘の図鑑NEOクラフトブックのカブトムシ・クワガタシリーズ。

1年生からは「公文」に通い、国語の学習の中で出てくる「すいせん図書」をほぼ全部読んできた。
最近は長い本も多いので、全部読みきれないが。

そして、読んだ本を読書メーターに付けています。
http://book.akahoshitakuya.com/u/361626
読んだ本を登録すると、同じ本を読んだ人の感想を見ることができたり、
同じ本を読んでいる人が過去にどんな本を読んでいるか見ることができたり、
相性の良い人を教えてくれるので、同じような趣味の人が読んでいる本を参考にする・・・という形で、
どんどん読みたい本が見えてくる。
子供で読書メーターをつけている人が少ないのが難点。

ところで、一人で読めているかというと、そうではない。
好きな本はどんどん一人で読むが、寝る前は未だに甘えて「読んで〜」と読み聞かせ。
人に読んでもらうのと、自分で読むのは違うようで、読んでもらうのも大好き。
また、小学校で読み聞かせもやっているが、みんなで読むとみんなの反応が面白いようで、それも大好き。
フィンランドメソッドの北川先生によると、ヨーロッパでは、10歳ぐらいまで読み聞かせをしているとの事。まだまだ読み聞かせができる。。。
posted by タイガママ at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 言語技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

11/23高校生書評合戦、11/24ビブリオバトル首都決戦に参加!

秋葉原で開催されていた本のイベント「高校生書評合戦」
「ビブリオバトル首都決戦」に参加してきた。

土曜日の高校生書評合戦は、首都圏の高校生が学校等で行われた予選会を通じて
準決勝戦にあがってきた代表者が、一人5分の持ち時間の中で、
「オススメの本」を説明。
上手な子もいたし、頑張って!と励ましたくなる子もいて楽しかった。
タイガは小学2年生ですが、高校生のお兄さんお姉さんの話を聞いて、
自分で投票した。後で何が良かったかを聞くと、いろいろと教えてくれた。
それじゃあ読みたくなった?と聞くと、「おもしろいのと読みたくなったのは別」と。
ちょっと大会の趣旨とは違うかもしれないが、
お兄さんお姉さんの堂々とした説明っぷりを聞いて、勉強になったようだ。
http://shuto13.bibliobattle.jp/

日曜日のビブリオバトル首都決戦は、全国の大学生のイベント。
高校生と比べて芸があるというか、多才なお兄さんお姉さんたちが個性豊かに
「オススメの本」を説明してくれて、準決勝は会場の外から一番読みたくなった本に投票、
決勝戦では席を予約していたので、座って聞くことができました。
NHKのニュースにちょっとだけ顔が映ってました↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131124/k10013301161000.html
ラベル:小学2年生
posted by タイガママ at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | 言語技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。