2013年08月23日

読書の記録 読書メーター

読んだ本の記録として、読書メーターをつけはじめました。
http://book.akahoshitakuya.com/u/361626

お気に入りは迷路の本。本というより迷路で遊ぶだけだが、隠し絵がなかなか難しい。。。
迷路ばっかりじゃなくってと、私(母)が同じ頃読んで好きだった本(ブラックジャック)を紹介してみたもののあまり興味はもたなかった。
今は竜が出てくる話、魔法や冒険の話が好きなようです。

迷路は借りてくると一時間ほどで全てやってしまうのが通例。
あとの本は、朝の勉強の後や夜寝る前に読んでいる。
夜はまだまだ読み聞かせが多いのだが、昨日はある本に夢中になって、自分で読み出したらとまらなくなったらしく、30分(50ページ)ほど読んでいた。

七田で速読を学び、公文でたくさんの本にふれ、つくば言語技術教育所で読む技術を勉強中。
夏休みの読書感想文をしあげなくっちゃ。。。
posted by タイガママ at 10:23| 東京 ☀| Comment(0) | 言語技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

言語技術は家庭で

 日本や韓国以外の、世界中の国々では国語の学習に共通のルールがあるという、『三森ゆりか』さんの講演を聞いてから、「言語技術」の必要性を強く意識するようになって、独学で本を読んで学ぶと同時に、子どもには言語技術を身につけさせたいと思って、家庭学習させていた。
 年中から、問答ゲーム(あなたは●●が好きですか?に対して、自分の立場をはっきりさせて答えるゲーム)、絵の分析、読み聞かせ(アニマシオン)をやってきた。子どもの反応はけっこうあって、面白い。
 例えば、アニマシオンでは、「間違い読み」をやったら、げらげら笑って、次は自分がやるとわざと間違えて読みたがった。自分で読むのはあまり進まない子だったが、この時はものすごく読んでいた。
 絵の分析は、一度やると、次から注意しながら、絵をよく見るようになるので効果的だった。
 年長から、短い再話の訓練をやった。物語を2回読んで、あらすじをクイズ形式で答えさせ、原稿用紙に物語をそのまま書いていくのだが、集中力と書く力がつく。今では原稿用紙5枚くらいはあっという間に書いてしまう。
 1年生から、つくば言語技術教育研究所に月2回通っている。やはり共に学ぶ友達がいると、自分と違う他を認識するのでいい。早く学校でも導入して欲しい。
posted by タイガママ at 15:27| 東京 ☔| Comment(0) | 言語技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。