2015年07月30日

7/29 公文 進度上位者のつどいに参加

昨年に引き続き、今年も、
公文で、3学年以上の教材を学習している人だけを対象とした、
公文進度上位者のつどいに参加してきた。
http://www.kumon.ne.jp/comeonkumon/hyosho/tsudoi.html?lid=content_002

対象者
○年度末の基準で、3学年以上先の取組のようだ(科目ごと)
 (3年生の年度末で国語がG(中1レベル)、算数がE(5年生レベル)だったので、
国語で対象となった)
○公文独自の認定テスト合格者・・・小学生で中学レベルに合格、
                 中学生で高校レベルに合格と説明していた
場所 昨年同様、都内某老舗ホテル
●今年限りで「つどい」は終わってしまうらしい(ただし、新しい基準で来年も実施すると言っていた。)

☆進度上位者のつどいで学べたこと☆
 まず、上には上がいるということ。
 つどいでは、まず、参加社全員が、その場で今取り組んでいるレベルの問題を一斉に解き、
保護者が見て歩く。
 一人一人、どのレベルをやっているか見ていると、タイガの4年生のところでは、
もちろん全員G(中1レベル)以上。中にはI(中学3年レベル)の人、J(高校1年レベルの人も!)
 
 進学塾に行く人が多いからか、4年生以上がすごく少ない。
 上位進達者にいただけるオブジェがステキ。
  2015年度は、卵形のクリスタルの中に、国語は炎の馬が浮き出てみえるようなデザイン。
 算数も英語も欲しくなっちゃうね。

 これから先、塾とのかけもちが難しくなってしまうので、まずは、算数だけに集中だ!!

 さらに先にはJフレンズ(小学生で高校生レベルに進んだ人のみ入れる会)がある。
http://www.kumon.ne.jp/comeonkumon/jfriends/index.html

 このまま国語を続けていればJフレンズになれそうだけど、それよりも中学受験優先かな。
 タイガもやりたがっているので、是非、受験が一段落したら続けようね!
ラベル:4年生 9歳
posted by タイガママ at 17:27| 東京 ☁| Comment(0) | 公文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

公文の記録 4年生(書き込み中)

公文に入学して3年目となる4年生の取組みをメモ。
☆☆☆1年目の成果☆☆☆
1年生の2月から2年生の約1年間で、国語は1年生から5年生まで5学年、算数は4年生までの4学年進んだ。
3年生 国語は6年生が終了し、中1に入った。夏の「上位進達者のつどい」に招待を受けた。算数は5年生の分数が終わり、6年生に突入。3年生の終わりから英語も取り組むことにして3教科になった。小学校の国語が終わったことに自信を持ち、漢字検定を6級(5年生)まで合格した。

国語
入会前は「どうせ漢字や中途半端な選択式の問題だろう」と思っていて、親としては公文の国語を学ばせるつもりはなかった。しかし、説明を聞いていると、非常に「読書力・読解力」を重視していて、たくさんの本を読ませる。公文の問題に使われていた本の続きが読みたくて、その本を図書館で借りてきて最後まで読むなど、公文の取組みがきっかけで、幅広い読書につながった。また、文型(主語・述語・・・)の学習からはじまり、縮約(文脈を変えずに文章を縮める)を習得していく過程で、文章を正確に読めるようになっていく。
3年生の終わり頃では、小学生の問題が終了したという自信がつき、学校で「漢字博士」と呼ばれたい?ために、漢字検定を準2級まで取得したいという新しい目標が加わり、がんばっている。

算数
計算問題が主。公文に入る前にかけ算九九は覚えていたので、2年生までの分は1ヶ月間で終了。その後、習っていない2桁の掛け算の筆算、割り算、分数へと進んでいるが、それぞれ最初は「難しい!」「わからない!」と叫んでいたのが、理屈が分かれば進んでいけるようになった。時間がかかるようであれば理解されていないとみなされ、繰り返しやらなければならないので、早くやる訓練にもなった。図形や文章問題は公文ではやらないので、別の方法で実につける必要がある。

一日の学習時間は国語と算数と英語で約30分〜1時間、枚数で2枚〜5枚。教室の方であまり過大にならないように枚数の調整をしてくれているが、算数を進めたいので、算数を多めにお願いしている(いつも減らされてしまうので、何度かお願いした)。

家庭での学習は、基本的には毎日。4年生から中学受験に向けて、塾に行くようになったので、塾の日とつくばの言語技術教室に通う日は公文はやらない。それ以外は、土日も含めて夕方公文をやっている。平日は自分で時間を計ってやってもらい、仕事から帰ったら親が確認をして間違っていたら、「もう一度見直して」と修正させる。土日は横について親も別の勉強しながら子供の回答チェック。

1年生(公文はA=1年生、B=2年生・・・となっている。)
2月 公文体験入学、公文入塾
  国語A、算数Aからスタート。
3月 国語A終了 算数A,B終了
2年生
4月 国語B終了
5月 国語C1終了
6月       算数C終了
7月 国語C2終了
(夏休みのみ英語の取組 英語A,B終了)
8月 国語D1終了
9月
10月 国語D2終了
11月
12月 国語E1終了
1月
2月 算数D終了
3月 国語E2終了
3年生
4月
5月 国語F1終了
6月
7月
8月 国語F2終了、中学レベルスタート
(夏休みのみ英語の取組 英語A,B,C終了)
9月
10月
11月 国語G1終了
12月
1月 英語開始、算数E終了
2月
3月 英語D終了
4年生
4月 国語G2終了
6月 国語(H途中で中断)
7月 漢検5級合格、英語E終了、英語中断
8月 算数単科で継続

【今の目標】
4年生になるので、中学受験に向けて、S塾に入塾したため、公文の取組があまりできなくなった。
ただ、算数F(6年生)までは終わらせたい(親の希望)と、公文をずっと続けたい(タイガの気持ち)が
あり、未だ国語、算数、英語の3教科を続けている(枚数は国語・算数は2枚、英語は5枚)。
どこまで続けられるかわからないが、S塾入塾から2ヶ月が経ち、S塾の宿題の多さにも負けず、
S塾の宿題はなるべく朝にこなし、夕方はS塾がない日は公文を進めている日々。
とても頑張っていると思う。
夏まで頑張ったがS塾の宿題が多いため、国語、英語は中断し、算数のみに集中することにした。

【公文をやって良かったこと】
まずは、自分の子の実力、上には上がいることが、よくわかった。
3年生の夏に招待された「上位進達者のつどい」では、小学4年生で大学の研究部門まで進んでいる
男の子のスピーチを聞き、驚嘆した。

算数教材は速度が必要。速さがないと、何度も同じ場所をやり直すことになり、
これが元で嫌になることもあるかもしれない。今のところは、「速くなったね」と励ましつつ、
モチベーションを維持している。
学校では「算数は得意」で、「チャレンジコース」という3段階の一番難しいコースを楽しんでいる。

国語は読解力が必要。中学生教材になってからは、文章量も多くなったし、比喩などの婉曲な表現を
使った文章が出てくる。また、文章の要約なども増えてきた。
ところが、あまりタイガは難しく感じないらしく、たんたんと進めているのがすごい。
公文で出てきた物語の続きが読みたいと図書館で借りてきて読むこともしばしば。
昔から読み聞かせ、文章の要約、物語の型の勉強などをやっていたせいか?
また、公文の小学生レベルが終わっているという自信があり、漢字検定も現在6級(5年生)合格
まで進み、次は5級合格を目指している。

英語は今のところ音読が主。まだまだ始めたばかりなので、単語から文章、簡単な物語文を読む
程度だが、繰り返しリーディング、ヒアリング、スピーキング、ライティングを続けている。
公文とは別に1年生から区内のNPOが行ってくれているネイティブによる英語教室に週1回通っており、
生の英語にも触れるようにしている(4年生からはreadingクラスになり、ORTによる授業を受けて
いる)

【公文に入る時期について】
 公文に入ったばかりの頃(小学1年生の終わり)は、年少ぐらいのお子さんもいるし、
公文の宣伝には同じ学年でも既に中学生レベルまでやっているというトップクラスの子を見ると、
「遅かったかな?」と不安に思う気持ちもあった。
 しかし、もともと、七田チャイルドアカデミーのプリントをやっていたし(公文のように
どんどん学年が進むことはないが)、早くやっている方の中には、同じところばかりで飽きて
しまったり、難しくて嫌になったりしてしまうこともあるようで(教室の便りを見ていると
そういう人が多い)、そもそもB以降はかけ算を覚えていないとダメなので、「かけ算九九」
を覚えてからでよかったのではないかと思う。
 ただ、中学受験する場合には、塾に入る前(3年の終わり)に小学校終了(F終了)はしたい。
そのため、あまり遅く始めると間に合わない。時期としては、1年〜2年生の始めまでには
はじめておいた方がいいのではないかと思う。
ラベル:4年生
posted by タイガママ at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | 公文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

公文の記録 2年分 1年生〜3年生

公文に入学したのが、1年生の2月(ほとんど2年生)。3年生の1月までの2年間の取組みをメモ。
☆☆☆1年目の成果☆☆☆
1年生の2月からの1年間で、国語は1年生から5年生まで5学年、算数は4年生までの4学年進んだことになる。

国語
入会前は「どうせ漢字や中途半端な選択式の問題だろう」と思っていて、親としては公文の国語を学ばせるつもりはなかった。しかし、説明を聞いていると、非常に「読書力・読解力」を重視していて、たくさんの本を読ませる。公文の問題に使われていた本の続きが読みたくて、その本を図書館で借りてきて最後まで読むなど、公文の取組みがきっかけで、幅広い読書につながった。また、文型(主語・述語・・・)の学習からはじまり、縮約(文脈を変えずに文章を縮める)を習得していく過程で、文章を正確に読めるようになっていく。
算数
計算問題が主。公文に入る前にかけ算九九は覚えていたので、2年生までの分は1ヶ月間で終了。その後、習っていない2桁の掛け算の筆算、割り算、分数へと進んでいるが、それぞれ最初は「難しい!」「わからない!」と叫んでいたのが、理屈が分かれば進んでいけるようになった。時間がかかるようであれば理解されていないとみなされ、繰り返しやらなければならないので、早くやる訓練にもなった。図形や文章問題は公文ではやらないので、別の方法で実につける必要がある。

一日の学習時間は国語と算数で約15分〜1時間、枚数で2枚〜10枚。教室の方であまり過大にならないように枚数の調整をしてくれている。

家庭での学習は、基本的には毎日。別の勉強があるので週に1日お休みする以外は、土日も含めて夕方公文をやっている。平日は自分で時間を計ってやってもらい、仕事から帰ったら親が確認をして間違っていたら、「もう一度見直して」と修正させる。土日は横について親も別の勉強しながら子供の回答チェック。

1年生(公文はA=1年生、B=2年生・・・となっている。)
2月 公文体験入学、公文入塾
  国語A、算数Aからスタート。
3月 国語A終了 算数A,B終了
4月 国語B終了
5月 国語C1終了
6月       算数C終了
7月 国語C2終了
(夏休みのみ英語の取組 英語A,B終了)
8月 国語D1終了
9月
10月 国語D2終了
11月
12月 国語E1終了
1月
2月 算数D終了
3月 国語E2終了
2年生
4月
5月 国語F1終了
6月
7月
8月 国語F2終了、中学レベルスタート
(夏休みのみ英語の取組 英語A,B,C終了)
9月
10月
11月 国語G1終了
12月
1月 英語開始、算数E終了
2月
3月 英語D終了

【今の目標】
4年生になるので、中学受験に向けて、S塾に入塾したため、公文の取組があまりできなくなる。
ただ、算数F(6年生)までは終わらせたい(親の希望)と、公文をずっと続けたい(タイガの気持ち)が
あり、未だ国語、算数、英語の3教科を続けている(枚数は国語・算数は3枚、英語は5枚)。
どこまで続けられるかわからないが、S塾入塾から1ヶ月が経ち、S塾の宿題の多さにも負けず、
S塾の宿題はなるべく朝にこなし、夕方はS塾がない日は公文を進めている日々。
わが子ながら、とても頑張っていると思う。

【公文をやって良かったこと】
まずは、自分の子の実力、上には上がいることが、よくわかった。
3年生の夏に招待された「上位進達者のつどい」では、小学4年生で大学の研究部門まで進んでいる
男の子のスピーチを聞き、驚嘆した。
算数教材は速度が必要。速さがないと、何度も同じ場所をやり直すことになり、
これが元で嫌になることもあるかもしれない。今のところは、「速くなったね」と励ましつつ、
モチベーションを維持している。
学校では「算数は得意」で、「チャレンジコース」という3段階の一番難しいコースを楽しんでいる。
国語は読解力が必要。中学生教材になってからは、文章量も多くなったし、比喩などの婉曲な表現を
使った文章が出てくる。また、文章の要約なども増えてきた。
ところが、あまりタイガは難しく感じないらしく、たんたんと進めているのがすごい。
公文で出てきた物語の続きが読みたいと、図書館で借りてきて読むこともしばしば。
昔から読み聞かせ、文章の要約、物語の型の勉強などをやっていたせいか?
また、小学生レベルが終わっているという自信があり、漢字検定も現在6級(5年生)合格まで進み、
次は5級合格を目指している。

【公文に入る時期について】
 公文に入ったばかりの頃(小学1年生の終わり)は、年少ぐらいのお子さんもいるし、公文の宣伝には同じ学年でも既に中学生レベルまでやっているというトップクラスの子を見ると、「遅かったかな?」と不安に思う気持ちもあった。
 しかし、もともと、七田チャイルドアカデミーのプリントをやっていたし(公文のようにどんどん学年が進むことはないが)、早くやっている方の中には、同じところばかりで飽きてしまったり、難しくて嫌になったりしてしまうこともあるようで(教室の便りを見ているとそういう人が多い)、そもそもB以降はかけ算を覚えていないとダメなので、「かけ算九九」を覚えてからでよかったのではないかと思う。
 ただ、中学受験する場合には、塾に入る前(3年の終わり)に小学校終了(F終了)はしたい。そのため、あまり遅く始めると間に合わない。時期としては、1年〜2年生の始めまでにははじめておいた方がいいのではないかと思う。
posted by タイガママ at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | 公文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。