2014年06月30日

七田チャイルドアカデミー 小学生教室の成果 百人一首・辞書引き・速読!?

1歳半から七田チャイルドアカデミーに通っている。
幼児までの間は、両親とも教育熱心な方が多いようだ。

なんでもそうかもしれないが、七田チャイルドアカデミーも多分に漏れず、
家庭での過ごし方、家庭での取り組みをしっかりやっていった方が次の授業が楽しくなる。
教室に通うのはペースメーカーで、家庭での取り組み(暗唱やプリント)が大切だと思う。
だんだんといろいろな事情で続けられない方が出てくるが、もったいない。

小学生になるとさらに加速・・・
まずは小学生になっても続ける人は約半分。急に寂しくなった。
しかも、私立や国立に行った方は残る方が多く、公立小学校の子は少なくなった(と思う)。
うちは珍しいタイプかもしれないが、公立小学校。
七田では私立や国立の情報も聞くことができてとてもいい。
「うち(の学校)では、1年生からこんなことをやっている」と聞くと、正直焦る。。。
七田チャイルドアカデミーはそのあたりを考慮してか、いろいろと早期教育を取り入れてくれている。

百人一首や辞書引きもその一つ。
○百人一首は年長から覚え始めて、100首普通に暗唱する覚え方と、七田流の早読みの2種類を覚えた。年長から学童では常勝。
しかし、学年を超えた大会では、1つ上の「神」と呼ばれる女の子にはとうとう勝てずに相手が卒業。
最近は、ハンデ戦になってしまい、負けることも。悔しい思いもしているようだ(いいことだ)。

○辞書引きでは、3年生になって公立小学校では使うようになったが、七田では1年から使っていた。
1年生から七田の教室と宿題でも1枚プリントが出るので週に2回は辞書引きをすることになる。
しかも、七田は一応タイムを計ってやるので、急いで引くように体がだんだん慣れていく。
最初は七田の周りの子と比べて遅かったタイガも自然と早くなってきた。
辞書を引く癖もついてきて、何か調べたいことがあると隣においてある辞書を引く。それがなければ、漢字辞典や大人の辞典を引く。書いてある文章を比べてみることもある。いいことだと思う。
学校では始めたばかりなので、引く速さは、慣れているタイガが常に1番。周りから、「お前とは競争したくない」と言われたそうだ(ただ、七田に通う国立の子にはいつも負けているから、井の中の蛙だが・・・)。

○速読
3年生から速読に取り組んでいる。もともと1年生から目の訓練というものがあったが、速読の練習だったのかもしれない。
目の訓練は、七田に通っていると毎月1枚いただける七田のマンスリーCD(CDといいながら、パソコンで見られるフラッシュカードも入っているし、右脳ゲームも入っていて毎月すごい情報量)の中にも目の訓練が毎月入っているので、ゲーム感覚で取り組むとよさそうだ。
3年生になると、月に1冊程度の本を速読で読んで、内容に関する質問に答えていく。
速読はまだうまくできないらしく、苦戦している。
ただ、少しずつ読むのは早くなっている。4月に比べると5月、6月と少しずつ読める文字数が増えている。高学年になると試験問題も長くなるので早く読めれば試験にも有利だ。今年一年かけて速読の取組も続けていきたいと思う。
posted by タイガママ at 11:44| 東京 ☁| Comment(0) | 七田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

6/22 漢字検定8級の試験に行ってきた!

6/22 漢字検定の8級の試験を受けてきた。
漢字検定は1級〜10級があり、
10級が1年生程度
9級が2年生程度
8級が3年生程度
7級が4年生程度
6級が5年生程度
5級が6年生程度・・・と続く。
受験者数を見ると、2級(高校卒業程度・大学一般程度)の受験生が多いようだ。
大学入試や、企業が採用や社員教育で漢検を利用していることも多いからだろうか。

タイガは七田や公文で先取り学習を進めているので、
2年生の頃から「もう習ったから8級受けたい」と言っていた。

ところが、実は2年生の冬の試験の申込を私が忘れてしまったので、
2年生中に受けるはずが、3年生に(ゴメン、タイガ)。

【問題集】
問題集は過去問がいい。
当日の朝、過去問をやって、間違えたところが本番で出て「やった〜!今日やったとこだ!!」と
思ったらしい(親としては、最終日まで間違えがあったのが不安だったが)。
古い問題集は出題範囲が変わっているので、「改定後」と書かれているものがいい。
もちろん、まったくその級の漢字を習っていない場合は、「漢字学習ステップ」で、
一から勉強するのが、おすすめ(最初から過去問をやると自信をなくす)。

【7級からはいつでも受験】
8級の申込みで失敗したので、他の方法で受験できないか、探していたところ、
7級から2級は、漢検CBT(Computer Based Testing)受検といって、
指定された会場、年3回の検定日に限定されず、月曜から土曜までいつでも、
試験を受けることができるらしい→http://www.kanken.or.jp/kanken/cbt/
会場では、コンピューターを使って受検し、合格すると、ペーパーでの検定と同じ資格を
得ることができるそうです。

【100点満点をとると・・・】
満点をとると、「合格「満点賞」の賞状ももらえます。
公文の団体受験などをしても、ほとんど「合格」だが、「満点賞」となると、
人数が限られるので、「満点賞」をもらえると、皆から羨望の眼差しを受け、
いい気持ちらしい。とれなかったら、何を間違えたかで悔しい思いをして、
それもそれで、身に付くと思う。8級も「満点賞」とれたらいいね。
posted by タイガママ at 10:12| 東京 ☀| Comment(0) | 七田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

4/16 3年生のある日の七田式・公文の取組み

4月で3年生になった。1歳半から通っている七田チャイルドアカデミーも今年で卒業となる。
***七田の小学生クラスについて***
小学生になると七田をやめる人が多い。いろいろと他の塾など忙しいのかもしれない。中にはついていけないという人もいるようで少しずつフェードアウトしていく。
今通っている七田の小学生クラスは、1年生からずっと変わらないメンバーで、
文京区内の国立小学校や私立に通っているお子様が多く、とても元気がいい。

クラスの子は、みんな一番になりたいという気持ちが強くて、勝ち負けを競争しながら、いろいろな問題にチャレンジしていく(他の曜日の子がきたことがあるが、引いてしまって、それ以来、誰もこのクラスには近寄らない)。
苦手なところは負けて悔しい思いをした分、家で特訓をすることもある。苦手な分野でライバルに勝てた時はものすごく嬉しいようだ。
得意にところは、チャンピオンを維持するためにまた努力をする。
すごくいい雰囲気で競争しながらお互いライバル心むき出しでやっている。特に一番よくできる子がもっともっとと前に進むので、それにつられて頑張っている。

***平日の家での取り組みについて***
朝   七田のプリント6枚(右脳、国語、算数、英語)
    暗唱 暗唱文集から10個早口復習、コマージェリー17逆早口、かけざん17×34、漢字博士2段30個、

昼すぎ 小学校の宿題は、家に帰ってきたらすぐ片付ける。
    児童館で遊んで、大好きな工作作りにしばし没頭。

夜   公文の国語と算数を30分から1時間ほどやる。
    日によって、空手やつくば言語技術教室、公文、七田に通う。

※好きにやっていいという約束で、宮本算数教室の「賢くなるパズル」を渡してある。たいてい、1日か2日で1冊終了。終わるとご褒美としてミニプラなど300円(税抜)までのおもちゃを1個プレゼントする約束にしてあるので、おもちゃが欲しくなると、必死に全部終わらせる。おもちゃ命のタイガ君。
posted by タイガママ at 10:05| 東京 ☀| Comment(0) | 七田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。